SEO対策の意味とホームページ製作会社の選び方

サイトを立ち上げたものの、思うようにアクセスが伸びないというのは、よくある悩みの1つです。サイトへのアクセス数を伸ばすためによく利用される方法には、大きく2つあります。SEO対策を施すことと、検索サイトにリスティング広告を出稿することです。SEOという用語はSearch Engine Optimizationの略です。日本語では、検索エンジン最適化という意味です。検索結果の上位に表示させるために行われる一連の取り組みのことをいいます。検索結果の上位に表示させることができれば、サイトにアクセスしてくれる人の数を増やすことができます。そのため、どのネットビジネス系の情報サイト、メルマガでもSEO対策の重要性を訴えています。実際にネットで商品を買ったり、調べ物をするさいに、検索エンジンを利用した経験のある人は多いでしょう。そのとき、検索結果の1ページ目を中心にネットサーフィンしていたはずです。或いは、検索結果の上位にあるサイトをよく見ていたはずです。色々なサイトで検証が行われていますが、検索結果の1番目に表示されているか、11番目に表示されているかで、アクセス数がおよそ10倍も違うといったデータもあります。

ところが、SEOに関する良質な情報が多く出回るようになったため、従来からあるSEO対策では、そうやすやすと上位表示できない状況になっています。そうしたこともあり注目されるようになってきた手法の1つが、コンテンツマーケティングです。端的にいってしまえば、コンテンツマーケティングとリスティング広告の違いとは、集客にお金がかかるか否かにあります。無料でできるWEB施策だけあって、ぜひ知っておきたい集客手法といえるでしょう。

コンテンツマーケティングとは、ターゲットを明確に定め、その見込み客のニーズを深く理解し、適切なコンテンツを提供し、商品購買へと導くための販売戦略のことです。コンテンツSEOと混合されることが多いのですが、コンテンツによるマーケティングという意味です。但し、そうはいってもどんな風にコンテンツを作成したらいいのか、なかなか分からないものです。場合によっては、SEO対策のみならず、コンテンツマーケティングにも精通したホームページ製作会社に依頼するというのも一手です。今時、SEO対策は分かるが、コンテンツマーケティングはできないというのは、時代遅れです。必要とあれば、そうしたホームページ製作会社がお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です