ユーザー誘致の方法を把握してSEO対策が重要になる

SEO対策で誤解をしてはならないのは、SEOを実施することと単純にユーザーに好まれるサイトを作ることは全く異なることであるということです。例えば、ランディングページ製作を専門の会社に依頼した場合、デザイン性に優れたサイトを作ってほしいと依頼する人は非常に多いです。確かに、見た目に良いサイトを作ってもらうとそれによってユーザーに気に入ってもらえて固定の客として何度もサイトにやって久手切れる可能性は高くなります。しかし、こうしたユーザーに気に入ってもらえるサイトを作ったとしても、肝心なユーザーを誘致する手段が確立させていないと、肝心のデザイン性に優れたサイトを誰にも見てもらうことはできません。どれだけサイトを浴したとしても、現実的にそのサイトを見てくれる人を誘致しないと何の意味もないわけです。SEO対策を実施している人の中には、こうしたサイトにやってきてくれる人に対して対策を行っている人が非常に多いですが、こうした方法は間違いであることがわかります。本来、SEO対策というのはサイトにやってくる人に対して行うのではなく、検索エンジンに対して行うものであるため、検索エンジンに対する機械的な方法でサイトを構築していけば、結果的に必ず多くの人にサイトを見てもらうことができるようになります。実は、こうした大前提を理解しているランディングページ製作会社はそれほど多くはありません。例えば、HTMLで多彩なタグを利用してサイトを構築していったとしても、それが複雑で情報を読み取ることが難しい階層になっていると、検索エンジンの巡回ロボットはそうしたサイトは後回しにして、もっと有意義な情報を提供しているサイトに帰ってしまいます。検索エンジンが好むサイトは、機械的に構築されているサイトであり、しかもシンプルでわかりやすいものです。近年は、特にアルゴリズムのアップデートによってその傾向が強くなっており、自作自演や検索エンジンにとって中身がないサイトは敬遠されがちになってしまっています。こうした事態を避けるためには、SEO対策は検索エンジンへの対策であることをきちんと理解して、ユーザー誘致の方法とは別の対策が必要になるということを勉強しなくてはいけません。ランディングページ製作を専門の会社に依頼するときも同じで、デザイン性に優れた表面上のサイトを作ってくれる会社ではなく、検索エンジンに強い機械的なサイトを構築してくれる会社を探すことが好ましいと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です