SEO対策によるトラフイックの変動と検索順位

 必要な情報をインターネット上から探そうとするとき、必ず行うのが「Yahoo]またはoogle「Google」の検索欄に必要な語句を打ち込んで検索をしていきます。例えば、せっかくホームページを作ったとしても、YahooやGoogleの検索に引っかからなければそのホームページは存在しないのと同じことになります。したがって、検索にかかりやすくして表示される順位を上げることが急務になってきます。この検索順位を上げてホームページを上位表示させる対策をSEO対策といい、「検索エンジン最適化」対策とも云われています。今は、YahooもGoogleを利用しておりますので、Googleの検索エンジンにその存在を認識させることがSEO対策のポイントとなっています。

 対策は2通りに分けることができます。
一つは「外的SEO対策」と云われるもので、検索エンジンが人気のあるサイトと認識できるように対策を施す方法です。サイトに対する検索数をトラフィックといいますが、トラフィックの量が多ければ検索欄での順位は上昇し少なければ下降となります。つまり、トラフィック量の変動が検索順位の変動に反映されているのです。したがって、沢山のウエッブサイトから自分のホームページにLinkを張ってもらうのことが必要となってきます。これには、無料でできるサイトもありますし、有料で委託することもできます。専門のSEO対策会社に頼むと、ウェブサイトからの同時リンクが10000を超える数で張られます。

もう一つは、「内的SEO対策」と云われるものです。ウエッブサイトを「良いウエッブページ」で構成することによって検索エンジンかかりやすくするほうほうです。サイトの目的を明瞭にして適切なページの配置と検索時の「検索キーワード」の工夫が必要になってきます。そのためには、文法に誤りがないプログラムで記述されたGoogle推奨の表記であって、情報が独自で豊富な情報量の良質なコンテンツでサイトを構築しなければなりません。例を上げてみましょう。WEB上で数学の塾を運営するとします。そのとき、

WEB数学塾

がタイトルとすると、個別指導が可能ですから

個別指導のWEB数学塾

、さらに

個別指導による「内容深化」のWEB数学塾

と変化させたサブタイトルを設けるほうがより検索で拾われるはずです。

 かって、リンク対策のみで順位が上がってきましが、今は、「リンク」と「コンテンツ」の両方の対策がないと順位の上昇が難しくなってきております。 Googleの検索ロボットがインタネット上のあらゆるサイトを定期的に巡回して検索順位を作っているのですが、AIなどの劇的な深化により検索エンジンの仕様(アルゴリズム)が変更され、サイトそのもの質を上げていかないと上位には上がってこなくなっていると考えてよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です