検索エンジン最適化を行うSEO対策はどれぐらい期待できるか

検索エンジン最適化を行うこと、つまりSEO対策という言葉は、最近良くWebでみかけられるようになりました。そのテクニックに関する記事や、宣伝なども、ITに触れているかたがたであれば、よく目にすることでしょう。
さて、この検索エンジン最適化、すなわちSEO対策とは、その名前の通り、検索エンジンによる検索結果の上位に自社、または自身に利益を齎すWebコンテンツを表示することができるよう、Webページを検索エンジンに合わせて最適化することを言います。手法としては、HTMLタグをきちんと配置したり、見出しがそのページの内容を良く表すよう工夫をしたりすることがあげられます。

SEO対策の主な効果としてはまず、直接につながるものとして、Webコンテンツの検索エンジンからのアクセス数が増えます。あとは、Webコンテンツの内容によって、効果は違ってくるでしょう。例えば、商品を推薦するページであればそれが売れる可能性が高まったり、会社の認知度や信用が高まる可能性も高くなります。「コンテンツ・マーケティング」という、最近話題になっている手法では、この場合の効果も重要視されます。つまり、検索エンジンからコンテンツに引き込み、そのコンテンツによって商品や会社の宣伝、プレゼンテーションに繋げるのです。

しかし、このSEO対策に期待しすぎてはいけません。そもそも、検索エンジンのアルゴリズムとは日々変動します。それこそSEO対策により、中身のないスパム・コンテンツが検索の上位にならないように、と。それを追うのは至難の業ですから、SEO対策に注力しすぎるのも危険です。そもそも、検索エンジンのクローラがどのように動くかを考えると、直ぐ効果の出るものでもありませんし。
なので、個人では最低限、きちんと中身あるコンテンツを用意し、それを表すメタタグ等を設定して、きちんとクローラーに拾ってもらえるようにするであるとか、そういった事ぐらいを行って、あとは余力があって対応できそうならば、というぐらいの対策のみ行っていることもあります。
では企業などではというと、それこそエンジニアを雇っても良いですし、その人員確保などに苦労しそうであれば、コンテンツマーケティングの隆盛を機と見て、「コンテンツマーケティングで損をしない方法を考えることを業務内容とし、それを顧客に提案・提供すること」をサービスとしてプッシュしだした会社も存在しますので、そちらに外注してしまってもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です