SEO対策でツールを活用しているHP制作会社を選ぶ

ランディングページ制作会社に自社のサイトを依頼する際には、多くの場合、過去のランディングページの制作実績をみて、このテイストが好きだから、ここの制作会社にしようといった形で決めてしまいがちです。しかし、それだけでは現在のウェブ戦略においては不十分であり、マーケティングに強いかどうかを確認することをおすすめします。ウェブマーケティングのなかでも、SEO対策に対するノウハウをしっかりと持っているかを判断材料にするのが良いです。SEO対策とは、日々、何気にGoogleなどの検索エンジンを使っていると思いますが、その検索結果において、特定のキーワードで上位にランクインを目指す対策を指します。これがなぜウェブでの戦略になってくるかと言うと、上位に表示されるようになれば、検索したユーザーが自ずと自分のサイトに訪れてくれるようになるためです。1ページに表示されているサイトと、10ページ目に表示されているサイトでは、もちろん前者のサイトのほうがクリックさせる確率が高く、このように考えれば誰でも納得がいきます。そのため、キーワードの選定がSEO対策における大きなポイントであり、ただ、SEO対策ができるといったランディングページ制作会社を選ぶのではなく、ツールを用いて、しっかりと分析して、SEO対策を行なっているランディングページ制作会社を選ぶことが必要です。そのため、ランディングページ制作会社の選定においては、どういったキーワードでどれくらいの順位上昇が見受けられたのかを確かめることはもちろんなのですが、どのようなツールを用いて、どういった分析を行なって、キーワードの選定をしたのかといったコンサルティング能力も確認するのが良いです。しかも、キーワードには、ユーザーがどれくらいインターネット上での検索されているかといった情報もわかるため、それらの情報と絡めてSEO対策を行なっているかを確認するのが良いです。ブームになっている言葉は時代を通して変わっていきますので、一回で終わりというのもではなく、PDCAサイクルをまわしてSEO対策を行なっていく必要があります。そのため、しっかりと計画を立てて、計画に基づく対策の施策を実施し、順位上昇があったのかの検証を行なって、検証結果によりさらに対策を考えていくといった思考が大切です。従って、PDCAサイクルをまわして常に改善の意識を持っているランディングページ制作会社を選ぶことできれば最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です