制作会社を選ぶとき重要なSEO対策確認

ホームページをある企業内で作成することは可能です。しかし、そのためには適切な知識を持ったホームページ維持・デザインなどを担当する担当者ないし、担当チームを自社内に置いておくことになります。知識のある人材というものは限られてきますし、その方・チームがSEO対策やWebの動向についてどれぐらいの知識・能力を持っているか、どういった業務を保障してくれるかは未知数ですし、いっそそのあたりを契約にひっくるめて、それを専門とする業者にまかせるのも手です。昔からそういったニーズはあり、さまざまな業者・会社が存在しています。勿論それに従って多種多様なサービスが提供されていますから、デザインはこちらでするからそちらで構成を、とか、メンテナンスをある程度自社で行えるようにしたいといった、といったような、外注に関してある程度サービスを選びたいというニーズにも、探せば対応できる専門のホームページ制作業者は少なからずあることでしょう。

ただ、このように良いことに思えるホームページ制作会社への外注ですが、注意しておくべきことがあります。それは、制作会社の質です。外注したはいいものの、その質がどうにも…というのは避けるべきことです。今回は特に、検索エンジン最適化、SEO対策について、その会社がどのように扱っているかを確認しておくことの重要性について述べておきます。自社の宣伝や周知、製品の販売のためにホームページを構築する場合、検索エンジンに以下に引っかかるかというのは結構大切な事ですから、この重要性は増加します。

検索エンジン最適化、すなわちSEO対策とは、検索エンジンに対して、検索で探して欲しい特定のキーワードで検索したときに、検索結果に上位で表示させるように最適化を行うことです。これを行うことで、きちんとコンテンツに合ったキーワードで検索されるようになったり、検索順位が上がるとアクセス数が増加するといったメリットがあります。そのために作業を行う手間はありますが、それ以外はやっていて損はほぼないでしょう。

さて、かといって、「なんでもやっていい」というわけではない。それが、SEO対策です。有名な話では、だいぶん昔、「他のページからどれだけリンクされているか」が検索エンジンに評価されているという話がありました。それを知った人々が、様々なページからのリンク…被リンクの増加を求めました。結果、業者などによる、自動ツールを使った意味のないリンクが量産され、これにより、こういった無意味で業者を使ったリンクを作成していると判定されると、順位が大幅に下がるといったようなことが起きました。現在では、被リンクによる評価基準は謎のものとなり、かつきちんとした評価のあるサイトからのきちんとしたリンクが重視されるようになり、業者によって無意味に増加させたリンクは低い評価を受けることになったのです。そもそも色々なところにそういう無意味ともいえるリンクが発生するわけですから、普通にイメージも悪くなります。さらには、この話は有名ですから、これを知っている人がその痕跡を見つければ、リンク先に対するイメージダウンが生じる可能性もあるのです。
このように、適正な範囲を超えてやりすぎると検索エンジン側も警戒してしまいます。業者を探すときには、SEO対策をするとうたっていたとしても、このような手法で対策をするところでないかどうか、確認しておく必要があるのです。逆に、そういうものを使わない手法を用いて成果を上げていることで価値をセールスしている業者もあることにはあるでしょうから、そのセールスも確認してもいいと思います。

このように、SEO対策は日々変動し、かつ検索エンジン側のアルゴリズムも変動しえます。大手検索エンジンでは、前述したような「Webページの内容をきちんと反映できるようなSEO対策」以外に対しての警戒をしたり、随時評価基準の更新を行います。大手のアップデートがどんな内容か、それ自体を書いている記事に注目が集まったりもします。ですから、そういった、アップデートや変更への対応をするにあたって、適切なノウハウを持っているといい難い場合、それらを持っている上に、ホームページ作成にもノウハウのある会社に外注する手が見えてきます。ただ、SEO対策をやりすぎたり、コンテンツを作成するに当たって無関係なキーワードを見出しに含んだりするような、過剰なSEO対策をするようなところは、前述のところもあり、避けておいたほうが良いことになります。SEO対策をどのように行い、どのように扱っているか、という視点についても考慮に入れた上で、ランディングページ制作会社の選び方を、考えるべきでしょう。